サイトお引越し。旧サーバーから新サーバー移転の手順

ホームページの移転はFTPソフトを使って簡単に行えます。

ホームページの引越しの基本的な流れ

  • FTPで移転元のサーバーからサイトデータをダウンロード
  • ローカル環境でHTML・CSSなどに書いてるリンクURLを修正
  • FTPで移転先のサーバーにサイトデータをアップロード

ホームページスペースやレンタルサーバーが違っても基本的な移転手順は同じです。

スポンサーリンク

ホームページの移転で注意すること、前準備

ホームページの移転で注意することはHTMLコードなどのURLの修正です。

移転予定のサイトのHTML・CSSなどで使用している画像やページリンクなどのURLが絶対パスで書いていると、移転先のURLに合わせて修正する必要があります。

URLの修正にはテキストエディタを使用しますが、一括置換機能を使う事でページ単位の修正で終わります。ファイル内のURLのパスを一つ一つ修正する必要がありません。

サイト移転で準備するもの

  • 移転先サーバー(ホームページスペース)の契約
  • FTPソフトのインストール
  • FTPソフトで移転元・移転先のサーバーに接続できるように設定しておく
  • テキストエディタのインストール(パソコン標準のメモ帳以外)

これらの準備をしてください。

FTPソフトはFFFTPがおすすめです。

FFFTPソフトのインストール~各ホームページスペースでFTP接続するまで解説してます。

FTPソフトの使い方
FTPソフト(FFFTP) FFFTPのインストール FFFTPでFTPサーバーに接続する FFFTPでサーバからファイルをダウンロード FFFTPでローカル環境からサーバーにアップロード ホームページスペ...

 

テキストエディタはこちらを参考に

ホームページ作成「HTML」支援サイト リンク集
ホームページ作成に役立つリンク集です。HTML入門サイトやカラーコード、テキストエディタなど紹介してます。

ホームページ引越しの流れ

移転元のサーバーからサイトデータをダウンロードする

FTPソフトを使って移転元のサーバーにからサイトデータを全てダウンロードします。ダウンロード先は「HP」や「ホームページ」などのフォルダを作って管理しやすいようにします。

※ローカル環境にサイトデータがある場合は不要です。

ローカル環境でHTML・CSSなどに書いてるリンクURLを修正する

HTML・CSS・JavaScriptに書いてる画像リンクやページリンクなどの内部リンクを移転先のサイトURLに修正します。

※相対パスで書いている場合は、リンク修正の作業は不要。同様に、独自ドメインでサイト移転する場合もURLが変わらないので修正不要。

修正はテキストエディタの一括置換機能を使う事でページ単位で修正が出来ます。一括置換を利用すると同じファイル内に書かれているURLを一つ一つ修正しなくて済みます。

絶対パスでリンクを修正する場合は

  • 「http://移転元のULR/」→「http://移転先URL/」

このようになります。

ただ、今後サイトの移転を何度かすることも考えて、URLを絶対パスから相対パスへの修正をお勧めします。

相対パスは、階層が変わると同じファイルへのURL(パス)でもURLが変わり階層が深くなるほど複雑になりますが、ローカル環境で確認が出来るほかサーバーを変えるたびにリンクの修正をする必要が無いからです。

ホームページ作成で絶対パスと相対パスの違い
絶対パスはサイトURL「http://~」から始まるアドレスからリンクを貼り、相対パスは現在の「ファイルの場所」からリンクを貼ります。

移転先サーバーにサイトデータをアップロードする

FTPソフトを使って移転先サーバーへアップロードします。

ホームページ管理用のフォルダにあるサイトデーターをそのまま全てアップロードすると、移転元と同じ階層でアップロードできます。

注意する点として、移転先サーバーのディレクトリ(階層)がサイトトップページを表示するドキュメントルートになっているか確認してください。

一般的にホームページスペースは「/」(ルートディレクトリ)が多いですが、「/public_html/」になっているサーバーもあり、トップページに置く「index.html」は「/public_html/index.html」などになります。

独自ドメインで移転する場合は上記階層と異なる事があるので、トップページの階層は登録してるホームページスペース(レンタルサーバー)で確認してください。

移転先サーバーにアップロードしたら表示されるか動作確認する

移転先のサーバーにサイトデータをアップロードしたら、サイトが表示されるか確認します。

  • ページリンクが正しいか
  • 画像が正しく表示されているか
  • CSS・JavaScriptなどもリンク切れしてないか

問題なく表示されていたら、移転元サーバーの「サイト」で移転した事を告知します。JavaScriptやメタタグでリダイレクトすることも可能です。

余談。独自ドメインでの移転はDNS変更前にhostsファイル変更して確認

独自ドメインは、hostsファイルを変更することでDNSを変更しなくても移転先サーバーにアップロードしたサイトデータを確認することが出来ます。

hostsファイルを変更しても他のサイト訪問者は移転元の「サイト」が表示されるので影響はありません。

Windowsでhostsファイルを開く

管理者権限で開いたメモ帳から

「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」

を開きます。

Macでhostsファイルを開く

場所は「/private/etc/hosts」にあるので

管理者権限でテキストエディタを開く。

MacはLinux同様にviが使えるらしいので

sudo vi /private/etc/hosts

でコマンドを打ってもhostsファイルを開けるようです。

Macでhostsファイルを変更・反映 - Qiita
## hostsを設定 hostsファイルを編集 ```` sudo vi /private/etc/hosts ```` IPアドレスとホスト名を入力 ```` 111.222.333 www.hogehoge.com `...

hostsファイルの変更(追記)

管理者権限で開いたhostsファイルに以下のように、移転先サーバーのIPとドメインを追記。

#IPとドメイン名は各自で修正
127.0.0.1 example.net

移転先サーバーのIPとサイトのURLを書けばよいですが、詳細は

移転先サーバーのIPアドレス(もしくはネームサーバー) サイトのドメイン

になります。

保存して、ブラウザでサイトにアクセスすると移転先サーバーが表示されます。

移転先サーバーにアクセスしたかの確認はChromeの「デベロッパーツール」やEdgeの「管理者ツール」からネットワークの項目で確認できます(読み込むために再リロードする)。

確認して表示に問題なければ、ドメインのネームサーバーを移転先サーバーに変更します。

hostsファイルで追記した内容も削除しといてください。

タイトルとURLをコピーしました