エックスフリーの機能と広告表示位置【無料レンタルサーバー】

エックスフリーはXdomainの無料サーバーが2018年12月27日から名前が変更されいています。

エックスフリーを契約すると「HTMLサーバー」、「PHP・MySQLサーバー」、「WordPress機能」の3つのサーバーが利用できます。

無料なのに1つのアカウント高機能なレンタルサーバーです。

エックスフリー

スポンサーリンク

エックスフリーの特徴

利用を継続するには3か月毎に更新手続きが必要
HTMLサーバーは広告非表示
PHP+MySQL、WordPressサーバーも広告はスマートフォンのみで目立たない
無料でWordPressも使える
WordPress管理画面を国内IPのみ制限が可能

エックスフリーは2019年1月31日から利用を持続するには3カ月に1回、サーバー管理画面から利用持続を更新する必要があります。

エックスフリーの利用更新ボタン

エックスフリーの利用更新ボタン

エックスフリーは各サーバー「HTML・PHP・WordPress」の使用は3カ月ごとに更新が必要です。更新は無料で行えますが、忘れていたりで放置していると3カ月でサイトが無くなります。

利用期限の更新が必要になったのはセキュリティ対策で不正利用防止なのですが、半年に1回や年1貝などあまり更新しない場合は注意が必要になります。

PHPやMySQLが使えるサーバーも利用できるので、WordPressも使えます。WordPressは世界的に有名なCMSなため、不正ログインの標的になりやすいのですが、エックスフリーではWordPress管理画面に国内IPのみに制限をかけることが出来ます。不正ログイン元は海外が大半なので安心感がありますね。

Xdomainのサーバー機能

先ほども述べた通り、3つのサーバーがあるので分けて説明します。

HTMLサーバー機能

容量独自ドメインSSL
1GB×
アップロード容量FTP広告表示条件
1ファイルあたり3MBまで3ヶ月更新無しで表示
プログラム言語MySQLアフィリエイト利用
未対応×
初期ドメインのURL形式(サブドメイン形式)
http://ユーザー名.html.xdomain.jp/
サイトのドキュメントルート(FTPから見たディレクトリ)
/
サンプルページ
http://coron.html.xdomain.jp/

HTML専用の共有サーバーです。PHPなどのプログラム言語には非対応です。そのため、MySQL(データベース)にも対応していません。

独自ドメインの利用が可能で独自ドメインのサブドメインも使えます。他社レジストラ(ドメイン会社)で取得したドメインも使用できます。

FTP接続は独自ドメイン毎に接続する必要がありますが、ドキュメントルートがサイトトップのディレクトリになります。

広告表示について

広告の表示は3ヶ月以上更新無し(FTPでファイルをアップロードしてない)で表示されます。

FTP接続設定

  • ホスト名:xxx.html.xdomain.ne.jp
  • FTPアカウント名:初期ドメイン
  • FTPパスワード:FTPアカウントのパスワード

※ホスト名は共有されるサーバーによって変わります。

PHP・MySQLサーバー機能

サーバー容量/DB容量独自ドメインSSL
1GB/50MB×
アップロード容量FTP広告表示条件
1ファイルあたり30MBまでスマートフォン・タブレット端末のみ表示
プログラム言語MySQLアフィリエイト利用
PHP
初期ドメインのURL形式(サブドメイン形式)
http://ユーザー名.php.xdomain.jp
サイトのドキュメントルート(FTPから見たディレクトリ)
/
サンプルページ
http://coron.php.xdomain.jp/

HTMLの他にプログラム言語PHPが使用でき、データベースMySQLも使えます。データベースの容量はサーバーの容量1GBとは別に50MBあります。

独自ドメインの利用が可能で独自ドメインのサブドメインも使えます。他社レジストラ(ドメイン会社)で取得したドメインも使用できます。

FTP接続は独自ドメイン毎に接続する必要がありますが、ドキュメントルートがサイトトップのディレクトリになります。

広告の表示

広告はスマートフォン・タブレント端末にオーバーレイとして常に表示されます。パソコンからのアクセスは表示しません。

広告表示のイメージ

広告表示のイメージ

画像のように画面下部に被さるようにオーバーレイ広告が表示されます。

FTP接続設定

  • ホスト名:xxx.php.xdomain.ne.jp
  • FTPアカウント名:初期ドメイン
  • FTPパスワード:FTPアカウントのパスワード

※ホスト名は共有されるサーバーによって変わります。

WordPress機能

サーバー容量/データベース容量独自ドメインSSL
2GB/100MB×
アップロード容量FTP広告表示条件
スマートフォン・タブレットで表示あり
プログラム言語MySQLアフィリエイト利用
PHP
初期ドメインのURL形式(サブドメイン形式)
http://ユーザー名.wp.xdomain.jp
サイトのドキュメントルート(FTPから見たディレクトリ)
/

WordPress専用です。サーバー容量は2GBでデータベース容量は100MBです。WordPressを最大5サイトまで作ることが出来ます。

独自ドメイン、独自ドメインのサブドメインも使うことが出来ます。他社レジストラ(ドメイン会社)のドメインも利用可能です。

広告表示

広告はスマートフォン・タブレット端末のみ常に表示されます。パソコンからのアクセスは表示されません。

広告表示のイメージ

広告表示のイメージ

画像のように画面下部に被さるようにオーバーレイ広告が表示されます。

FTP接続設定

初期の状態だとFTP接続は無効になっています。「WordPress機能」の管理画面から有効にできます。

  • ホスト名:xxx.wp.xdomain.ne.jp
  • FTPアカウント名:初期ドメイン
  • FTPパスワード:FTPアカウントのパスワード

※ホスト名は共有されるサーバーによって変わります。

WordPressはブログツール(CMS)なので、WordPress管理画面から画像などのファイルをアップロードする事が出来ます。

エックスフリー

↩無料ホームページ一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました